FC2ブログ

茹で豚キムチを料理の新常識で作る!と使い回しスープ

2014.11.12 (Wed)

美味しいキムチが手に入ると
必ずつくる一品

美味しいキムチが手に入ったら
豚ばら肉をいそいそと豚バラ塊を
買いに行く とあ です(笑)



しっとり感、伝わるかなぁ?
今回はmariちゃんやじゅらちゃんが
言っていたように、料理の新常識を
参考に作ってみました。



茹で豚
豚バラブロック   1本
塩コショウ、ごま油  適宜
ネギの青い部分  1本分
しょうが  ひとかけ

スープ用
ネギの白い部分  1本分
わかめ        適量
たまご        1個分
ごま          少々

豚バラブロックは常温に戻し
全面にたっぷりの塩コショウをして
しばらく置く
フライパンにごま油を入れ
料理の新常識の通り
弱火で片面ずつ焼く
豚バラが入るサイズのお鍋に
水とねぎの青い部分と
しょうがを1かけ分スライスしたものを
入れ湯を沸かす。



全面に焼き色がついたら、湯の中に入れ
蓋をして、コトコト20分
火を止めてそのまま放置

出来れば一晩置く、か粗熱が取れたら
好みの厚さに切り分けてキムチと一緒に
いただく。

今までは強火で一気に焼き色をつけて
お湯の中に入れてましたが
それしかしていないのにスライスする時に
お肉が崩れちゃったり、肉厚にしか切れなかったりして、
きちゃない盛り付けになっちっゃてたんですよね~
しかも、それをやるとキッチンが油煙?で
けむいっ、換気扇まわしてても煙いっ

そんなわけでですね
mariちゃんもじゅらちゃんも柔らかくなるって
言うので、ここはひとつ、またまた実験ですっ(笑)

最初は本当に大丈夫かぁ?とヒヤヒヤしたけど
この方法だといつもは焼きムラが出来る脂身の
ところもしっかり全面に焼き色がつく~っ
ゆーっくりゆ~っくり4面焼色が付くまでの
間は、キムチ切ったり、スープの用意したり
あとねっ、焦げないっ、しかも油煙も出ないっ

この日は粗熱が取れたところでカット
したましたが、あらまぁ、ちょっと
そこの奥さんっ、聞いてよっ(笑)
↑誰に言ってんのっ(笑)

肉がボロボロに崩れることもなく
スーッと包丁が入るし、薄く切れるっ
しかもおにくが
し~~っとりっ

今までの苦労はなっだったんだ~っ

しっとり感、伝わるかしら…(^_^;)

今度からは、このやり方で行こうと思いますっ

うす~く切れるのでその分キムチは
多めに用意しなきゃっ(笑)

あとは副産物を使ってスープ

豚肉をゆでたお鍋のアクや脂分を
ペーパータオルで取り除きます。
お肉をゆでた時の、ねぎの青い部分や
生姜は取り除きます。
メンドクサイ場合は一回漉してください(笑)

ななめ切りしたネギの白い部分、
わかめを加えて、一煮立ち
塩コショウで味を調えて、たまごを
回し入れれば、カンタン中華スープの
出来上がり~
たまごは入れても入れなくても
お好みで(^^)エノキを入れたりもします(笑)
御椀によそって、ごまをふって出来上がり

mariちゃんが牛やって、じゅらちゃんが鶏
私が豚をやったので、お肉全般に言えるって
ことだよね~っ(^^)

mariちゃん、じゅらちゃん
おいしい情報をありがとう~



ランキングに参加してます。
応援クリックおねがいしま~す



にほんブログ村


スポンサーサイト



07:00  |  おにく  |  Trackback(0)  |  Comment(16)
 | HOME |